ミニストップ、9月15日よりスマホによる公共料金等支払いサービスを開始

ミニストップは2017年9月15日より、コンビニ初となるスマホによる公共料金等支払いサービスを開始します。

このサービスの名称は「PAYSLE(ペイスル)」で、スマートフォンを持っていれば公共料金などの支払いがいつでも可能に。これにより紙の振込票が不要になり、画面に表示される電子バーコードをレジで提示するだけで支払えます。レジ作業もスキャナで読み取るだけで処理ができるので、業務がスムーズに行えます。

 

Before(これまでの支払い)
振込票が自宅に届く→コンビニへ持って行く→レジで決済と受領印処理
After(PAYSLE):
スマホに請求書が届く→コンビニに行く→レジで画面のバーコードを読み込んでもらう

このサービスによって、利用者と店側双方の利便性が向上します。
今月15日からスタートするのはミニストップだけですが、9月中にはセイコーマートの一部店舗(札幌市内の5店舗)でも先行開始予定です(全店舗での利用開始は11月頃を予定)。
2018年にはコンビニ各社で利用できるようになることが予想されます。

[via=ミニストップ]

<<スポンサーリンク>>