セブンイレブン、2018年4月9日より順次、人気ラーメン「もちもちの木」と「新福菜館本店」を東西地域に分けて販売

セブンイレブンは2018年4月9日より順次、人気ラーメン「もちもちの木」と「新福菜館本店」を東西地域に分けて販売します。

東日本の店舗では「セブンプレミアム 銘店紀行 もちもちの木」を、西日本の店舗では「セブンプレミアム 銘店紀行 新福菜館本店」を販売です。

「もちもちの木」は、最新技術を使用することで特長であるしなやかでもちもち感のある中細麺を実現。店舗で提供されるラーメンと同じく、醤油とカツオの風味が香る熱々の魚介醤油スープが味わえます。
価格は税込213円。
販売店舗:北海道、東北、関東、甲信越、静岡

 

「新福菜館」は、鶏だしと焼豚だれを合わせ、特長であるまろやかで香ばしい味わいの漆黒の醤油スープを再現。新福菜館本店で販売するものと同じ中太麺を使用し、チャーシュ―、メンマ、ネギをトッピングしています。
価格は税込213円。
販売店舗:中京、北陸、関西、中国、四国、九州

[via=セブンイレブン]

<<スポンサーリンク>>