セブンイレブン、2018年6月15日より民泊チェックイン機の設置を順次開始

セブンイレブンとJTBは2018年6月15日より、東京都内の一部セブンイレブン店舗において、民泊チェックイン機「セブンチェックイン機」の設置を順次開始します。

両社は24時間365日いつでもチェックインと鍵の受け渡しができるサービスを共同開発し、今回都内の店舗に「セブンチェックイン機」を設置です。
「セブンチェックイン機」は民泊の宿泊名簿作成・本人確認、鍵の引き渡しができる機器です。

利用の流れ

「セブンチェックイン機」は住宅宿泊事業法の施行される6月15日より順次サービスを開始し、2018年10月までに50店舗への展開を予定。また、2018年の実証データを検証した上で2020年度までに1000店舗を目指すとしています。

[via=セブンイレブン]

<<スポンサーリンク>>