ファミリーマートとサークルKサンクス、2018年7月10日より「冷し台湾風まぜそば」と「冷し魚介豚骨つけ麺」を発売し、冷し麺のラインナップを強化

ファミリーマートとサークルKサンクスは2018年7月10日より「冷し台湾風まぜそば」と「冷し魚介豚骨つけ麺」を発売し、冷し麺のラインナップを強化しました。
こちらは北海道と沖縄県では発売されません。

台湾風まぜそばシリーズは2011年より発売し、人気を博しています。
今回は麺に通常よりも多くの水分を練りこんだ、モッチモチ食感の“多加水麺”を使用し、魚粉を加えたピリ辛スープにあわせています。

また、30代から40代の男性を中心に人気の「冷し魚介豚骨つけ麺」にも“多加水麺”を使用して発売です。

[via=ファミリーマート]

<<スポンサーリンク>>