ローソン、2018年9月よりアプリを利用したローソンスマホペイ導入店舗を拡大

ローソンは2018年9月より、アプリを利用したローソンスマホペイ導入店舗を拡大します。
ローソンスマホペイは店内ならどこでも決済が可能になる、スマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービスで、2018年4月から実証実験を開始しています。

このサービスは現在3店舗で実施されていますが、9月以降に順次実施店舗を拡大し、2018年度内には大都市圏を中心に100店舗に導入する予定となっています。

・ローソンスマホペイの現在の導入店舗と今後の予定
現在実施している店舗は「ローソン晴海トリトンスクエア店」「ローソンTOC大崎店」「ローソンゲートシティ大崎店」で、9月には「ローソン フジテレビ店」、10月には「ローソン JEBL秋葉原スクエア店」にも導入されます。

ローソンスマホペイの導入効果としては、混雑時に利用した場合は入店から退店までの時間が約1分で、レジで決済をする場合に比べて約4分の1に短縮されています。

[via=ローソン]

<<スポンサーリンク>>