セブンイレブン、2019年2月5日より「手巻おにぎり」を全面リニューアル

セブンイレブンは2019年2月5日より、「手巻おにぎり」を全面リニューアルしました。

今回のリニューアルでは、おにぎりの基本となる「お米」「海苔」「具材」においてさらなる品質向上を実現。
お米は、精米前のお米の選別機を初めて導入し、お米のサイズに合わせて適正な精米をすることで美味しさをさらに引き出します。
海苔は、海苔の旨みを引き出す新製法を採用。
具材についても、人気の具材を中心に素材から製法までこだわることで大幅に品質を向上しています。

・精米方法変更

「選別機」でサイズ分けしたお米を精米することで、米本来の旨みや食感を向上させています。

・具材品質向上
紅しゃけ・・・今までの焼き工程に加え、仕上げに高温の直火で炙ることにより香ばしく仕上げ。
辛子明太子・・・熟成時間を更に24時間追加することで、旨みを更に凝縮。
ツナマヨネーズ・・・調味料の配合を見直し、よりマヨネーズを感じる仕立てに変更。
紀州梅・・・厳選したかつお出汁を加えることで、より旨みを感じる梅へと変更。
日高昆布・・・炊き上げ工程で、かつお出汁とあわせて鰹節を追加することで風味の向上。

[via=セブンイレブン]

<<スポンサーリンク>>