ローソン、2019年2月22日より順次、セルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の導入店舗を拡大

ローソンは2019年2月22日より順次、セルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の導入店舗を拡大します。
2月22日より近畿・中国・九州エリアに、3月1日より北海道・東北・中部エリアに拡大です。

「ローソンスマホペイ」は、利用者自身が商品バーコードをスマートフォンのアプリで読み取ることで、店内のどこでも決済できるサービスです。
このサービスによってレジ待ちの時間短縮と、店舗省人化による生産性向上が可能になります。

現在は首都圏を中心に58店舗で展開していますが、今回新たに全国の都市圏の店舗へ拡大です。

導入店舗

導入店舗は3月中に101店舗となる予定です。

「ローソンスマホペイ」の利用方法は、アプリで利用店舗を選択後、購入商品のバーコードをスキャンし、アプリ内で決済します。
決済後に表示されるQRコードを店舗設置の専用リーダーにかざして完了です。

[via=ローソン]

<<スポンサーリンク>>