ミニストップ、2019年2月28日より「d払い」、3月15日より「WeChatPay(微信支付)」「Alipay(支付宝)」を導入

ミニストップは2019年2月28日より「d払い」、3月15日より「WeChatPay(微信支付)」と「Alipay(支付宝)」を導入します。

「d払い」「WeChatPay(微信支付)」「Alipay(支付宝)」は、スマートフォンで決済できるバーコード決済サービスです。

「d払い」はドコモが提供するスマホ決済サービスで、支払い金額200円(税込)につき「dポイント」が1ポイント貯まります。
ポイントは1ポイント1円として利用可能です。

「WeChat Pay(微信支付)」はテンセント(騰訊)が提供する、中国を中心に8億人以上が利用しているスマホ決済サービスです。

「Alipay(支付宝)」はアリババグループの関連会社アントフィナンシャルサービスグループが提供する、中国で7億人以上が利用しているスマホ決済サービスです。

ミニストップでは決済手段の多様化に対応するため、すでに「楽天ペイ(アプリ決済)」「PayPay」「LINE Pay」を導入しています。

[via=ミニストップ]

<<スポンサーリンク>>