ローソン、2019年7月頃から数ヶ月、深夜時間帯の無人営業実験を実施

ローソンは2019年7月頃から数ヶ月、2店舗で深夜時間帯の無人営業実験を実施します。
こちらは人手不足問題に対する、省力化や省人化のための取り組みです。

今回の実験では0時~5時の5時間をレジに店員がいない無人営業とします。
事前に専用アプリに登録された方が、店舗入口でアプリ上に表示されるQRコードを読み取る事で、ドアの開錠を行い入店可能に。
店員が必要な商品・サービスの販売を除き、通常通りの商品を販売します。

決済方法は「ローソンスマホレジ」と、現金での支払いも可能で自動釣銭機能が付いた「完全セルフレジ」の2種類を予定。
実験開始当初はトラブルの備えとして1名がバックヤードで勤務を行いますが、時期を見て完全無人化に移行するとしています。

[via=ローソン]

<<スポンサーリンク>>